m-menu



2018/02/19

パン初焼き


こまっちゃん、土日は新しい窯で初めてのパン焼き。クリームパンとあんぱんは、課題はあるもののかわいらしい出来映え。赤外線の輻射熱と、なんだか色々、さすが、とってもきれいに焼けていました。パンを持ってご近所さんにご挨拶に伺う。こまっちゃん、これらのパンの写真を撮った後、カメラを落として壊す…。ともちゃんは明後日から東京。出演するライブの練習、「ヒッピー、ヒッピー、ヒッピー、シェイク、シェイク(5拍子)」と歌いながら頭をぽこぽこ叩きながら、お尻を振りながらに苦戦していると、隣りで「へぴ、へぴ、くっしぇい、くっしぇい、くっしぇい」と隣りでお尻ふりふりしているみくりん。ふと見ると持って行くように準備していたメタロフォンをぶっ壊している。

2018/02/14

ふたたび


今年の愛媛は記録的な寒さなんだそう。柑橘がダメージを受けているという話も聞く。我が家も他人事だと思っていた水道管が凍って水が出ないという事例、今月は移住してから初めて朝水が出ない。とはいえ北側の洗面台の水道なので使えないからといってそんなに困らないのだけど、店舗で水が出ないのには参りました!何か対策を考えないと…。などと言っている間にみくりん、再びインフルエンザにかかったっぽい。保育所から帰るといきなりばーんと39度5分、寝てるのも辛そうで「もう嫌だ!」と泣いておりました。が、翌日は7度1分まで下がって普通にしている。子供の回復力ってすごい。

2018/02/11

それぞれに


こまっちゃん、今日は厨房に備品をセッティング。我が家の玄関はこれまで注文した備品類でダンボールが山のようだったよ。作業台にぴったりサイズでネットで買ったウォールナットの板も、蜜蝋を塗ったらつやつやで格好良くなっている。わたし達と同時期、あるいは数年違いで同じように移住してきた、同じくらいの世代の友人達が、同じくらいの時期に事業を始めるべく準備している。それぞれ業種は違うながらも、違う道のりを歩みながらも、夢を実現している力のある頼もしい友人達。島の人たちの気質や、違う世代の世界観など、商売する上で知っておいた方が良い未知のものはまだまだたくさんあるのだけど、まあそれはまず自分の中の良きものを出すベストを尽くしてからの話。写真はセッティング前のシンプルな状態の、見納め。

まるまどの誕生日


8日。製パンの厨房に、無事営業許可が下りました。この日は友人が研修中の女子大生を連れてやって来てくれて、ともちゃんは超楽しく一緒にお昼。保健所の方が来てくれる時間にやや遅れてお店に行くと、こまっちゃんの立ち会いの元開始5分程で終わっていた。めでたい!売り場の方は、もう少し準備をして3月頭に許可を申請する予定です。ともちゃんが腹痛だったり、こまっちゃんがみくりんを抱っこして背中を痛めたりで乾杯出来なかったのだが、土曜は今治までやってきて、お祝いっちゅうことで焼肉を頂きました。ショッピングモールを駆け回るみくりん。焼肉3年ぶりともちゃん。満足。やっとこ今治の土地勘が出てきました。先週だったか、保育所の隣りの建物に「少年式」という看板がかけられていて、何かと思って聞いてみたら「14歳になる男女の式」なのだそう。何だか、現代においてまで、地域の大人が通過儀礼を行ってくれているということにじーんとしてしまった…文化人類学的な…涙出そう。石の上にも3年と言うけど、3年目の面白さを感じています。一昨日は初めて野犬の子犬を見たしね。

2018/02/05

雪見窓から見ている


絵本で見る雪だるまを作ってみたいみくりん。大三島は雪が積もらない、少なくともわたし達が引っ越してきてからは一度も。昨日珍しく雪がまとまって降っていたので小指の先くらいの雪だるまを作ってあげる。朝はじゃんじゃん降っていたけど、9時頃にはすっかり陽がさしてきれいさっぱり消えていた。広島から雪雲の切れ端が流れてくると、大三島には雪がしばらくの間ふわふわと降る。お天気雨みたいなもので、雲の合間は晴れていることが多い。それでもここのところは連日降っているなあ、寒いです。今も降っていて、だが止むと思って洗濯物を出しっ放しにしているんだが、洗濯物に積もりはじめたぞ、読み間違ったか…。こまっちゃんのパンは今年に入ってからまたなんだか美味しく、今回入手したクルミのロットがまた激美味い。ついクルミだけ食べてしまう。今夜は出張中だったこまっちゃんが帰宅だ。

2018/02/01

明日はウレタン塗るよ


寒い寒い大三島、雨。山の上の方の木が雪を被っている。今日は用があってしまなみ海道を走り、帰りは晴れて、山から湯気が、水面が光って、島々が白っぽく輝いているのを見ながら電気グルーヴを大音量で聞いていて、幸せでした。「うーんこれって幸せって言っていいんじゃないか?」と感じることが度々ある島暮らし。なんでだろう?日常の中で、自分に関係のないことでイライラすることが、とってもとっても少ないからだろうか。知らないおばあちゃん達でも子供に対して大きな目で見てくれるし、子育てしている私に対しても声をかけてくれたり励ましてくれたり、知らない子供同士でも、ちょっと年上の子は下の子の面倒をさりげなく見てくれたり、人がサポートし合っている中で人が育つのが理想的だなあと思っていたけど、今まさにそんな感じの真っ只中じゃないか。夢は生きられる。ところで、昨日茶色のオイルを塗ってみた木製のシンク台とカウンターテーブル。塗料を買うのって、実際に塗るとどんな色になるのかの想像が難しい。でも意外といい色だった、後ろのローボードともまあまあ合ってる。これは日本の自然系塗料。

2018/01/25

丸窓


23日、厨房に大型の機材が入る。はるばる福岡からオーブンメーカーの方々がトラックに乗せてやって来て下さいました。このクレーンで吊っているのがオーブン。大きい!ともちゃんはまだ見に行けてない…。みくりんの風邪、病院の検査ではインフルエンザの反応は出なかったのだけど素人目にはおそらくインフルエンザ。二人してほとんど毎日お家で過ごしております。上がったり下がったりしながら、今日やっと平熱に下がってきた。まるまどの「丸窓」はシンボルイメージで、実際に丸い窓を作りたいとか作らなきゃとは思ってなかったんだけど、オーブンについていた覗き穴が偶然にも丸窓であった。丸窓と言われたら、丸い窓が一つあるのを想像されるかと思う。わたしはそうである。しかしこの覗き穴の窓、二つ並んでいる上にガラスと縁取りが黄金比なのだそう。最高の丸窓です。

2018/01/21

塗りムラのような雲…


こまっちゃんも3日前から厨房のペンキ塗りを始めて、本日無事壁と床をやり遂げる。とても良く仕上がったみたい。壁の中も床の中もプロにおまかせして自分達は一切触ってないのだけど、一番表面の所だけでも自分達でやると非常に「やった感」があって、ペンキ塗りは良い!しかし素人には難しい。コンクリートの補修や、下地や、素材や、色や、用途や、道具や、一口にペンキと言ってもとても広いジャンルなのね。ともちゃんの売り場の方の2度目の塗り、とってもきれいに塗れたのだけど、新たな問題が…。想定していたようには物事は進まぬ。どう解決するか家庭内会議。必ず邪魔するみくりん。そんなみくりん、昨日突然40度のお熱…しかし翌日37度まで下がっていた。たくましい。

2018/01/19

塗ってる


晴れ。今日も暖かい。「コンビ、まだ出来てない…」。サークルKが敷地内でファミリーマートに建て変わり、休業していた数日。毎日保育園の帰りにせがまれて工事中のコンビニを見に行ってたのが、今日ついに新装オープン!バルーンのゲートがあったり、店内に紅白の垂れ幕があったり、くじ引きもあったらしい、こんなことが祭りのように嬉しい島暮らし。駐車場の一角に海を望む形で屋根付きのテラス席が出来ており、シャワールームが付いているそうな。その場に居合わせた子供たち計7人、貰った風船持って大乱舞しておりました。うちの開店でも風船とかくじ引きとかしたいかも…とこまっちゃんと話す。床塗りは、「あれ、こんな色…?」「結構ムラになっちゃってるけど、乾くと消えるのだろうか」などと不安になりながら1回目の塗りが終了。2度塗りしても1回目のムラが響くので、難しいけどムラにならないように塗る、と聞き、明日の2度目の塗りでは奇跡のリカバーをする予定。

2018/01/17

春、雨…?


週明け、お店の表札をオーダー。「パン屋 まるまど」としました。フォントにするか、手書きにするか、大きさは、と色々シュミレートして結果、手書きの文字を元に作って頂くことにしました。が、またこの手書きの線のよたれ具合が、直すべきか直さざるべきか…。早いとこ店舗の床を塗装する作業に入らなくてはならないと思いつつも、これは表札、時間をかけてしかるべき、とこつこつ線を修正し、結論は直す前のよたれた字が良いということになりました。気になるよたれを全部直したら、すごいやる気の固いパン焼いてそうな文字になっちゃったんだよね(と、ここで思い出すのはタモリさんの「やる気のある者は去れ」)、よたれの方は、なんだか力が抜けて風が吹いているようだったのでした。やっと床塗り開始。こまっちゃんも厨房のコンクリの部分に防水のペンキを仕事の合間に塗っている。床はコンクリの打ちっぱなしがいいと思っていたのだけど、摩擦でぽろぽろ砂が出るそうなので、コンクリ用の塗装をすることにしました。そして12日の日記で紹介したひび割れについては、後日知見を得る。色々助けてくれた内装屋さんによると、壁の内部構造によって起きてしまうのだそう、ベニヤの合わせ目を面取りしてから下地を塗れば良かったとのこと。そうであったか…!やはりネットじゃ分からんことも多い。雨。雲も厚いのに、なんと戸を開けると室内より外の方が暖かいなんて…もわっと春の香りがしました。

2018/01/14

旅から旅


土曜日は家族3人で岡山県の牛窓へ。東京にいた頃毎週のように通ったお店が5年前に牛窓に移転してから初めての訪問。場所も建物も全然違うのに、変わらないお二人と魔法のように満ち足りた時間が流れる素敵な空間。仕舞にはみくりんまでホームのようにくつろいでいる。どこまでいっても目標のお二人。とってもいいプチ旅行になりました。翌日は知人にお勧めされた今治のタオル美術館の展示最終日へみくりんとともちゃんの2人で行ってくる。美術館はちょっとした山の上。初めて行ったけど、ムーミン関連の展示のかわいらしさに母メロメロ。

2018/01/12

終わらない冬


今年はともちゃん、本厄であるらしい。と、こまっちゃんに指摘を頂いて、初めて厄払いというものをして頂きました。大安の11日に行くつもりで当日、ずっと昼過ぎまで「今日は10日」と勘違いしていたともちゃん。慌てて新品のシャツをおろして行く。境内はふわふわとお天気雪。そうそう、帰省後店舗を見に行って、塗った漆喰がひび割れを起こし灰汁が出ていることに愕然とし、修繕。しかし甲斐あってかお手伝いで塗ってくれたゆうくん的すじの付く塗り方をマスターしてきたぞ。それでも数日経つとまたうっすらひび割れが…永遠に終わらないのじゃないか?この修繕、しかし終わらないで欲しい…!なんちゃって、漆喰塗るのは楽しいです。灰汁やひび割れには、そうならないように灰汁止めであるシーラーを塗り、継ぎ目にはファイバーテープとパテで段差を埋めておいたのだが…。島の左官さんに助けを求めると、曰く「こうなっちゃったのは見たことが無い…どうしてこうなったか分からん」。しかし快く対処についてアドバイスして下さる。優しい…。そして新たに塗り残しを見つける。